BMW118dでカタログ燃費を上回る燃費向上方法

BMW

BMW1シリーズの中でも、特に燃費の良いディーゼルモデルの118d。この車のカタログ燃費はJC08で22.2km/lで、少し前の軽自動車並みのカタログ燃費値並みの数値になっています。
正直、市街地でこの燃費を達成するのはかなり難しいのですが、高速道路や、バイパス等の自動車専用道路であればカタログ燃費を超える事も可能です。
実際、僕も118dに乗り始めて2年ほどたつのですが、自動車専用道路を中心に走行時は毎回、カタログ燃費を超えます。

スポンサーリンク

今までの最高燃費は、250km程度走行し、25km/l

コンフォートモードで燃費23km/l

今までの最高燃費は250km走行し、25km/lです。(すいません、撮り忘れで、その時の写真が有りません)走行の内訳は一般道約30km、高速道路約220kmの状況で達成したものです。僕は普段コンフォートモードで走行しているのですが、実はこの時は、 燃費を気にしながら走ったら、どの程度燃費が延びるのか興味があって、モードもeco proモードに設定して走りました。それ以外は、いつもと同じように運転しています。同じような走行条件、一般道路:高速道路を1:9で走行したときの燃費が23km/lなのを考えると、約2km/l程度燃費が伸びました。やはり、eco proモードは効果がありますね。

効果が有るのは分かったのですが、僕は今でもコンフォートモードで運転しています。理由は簡単で、コンフォートモードの方が運転が楽しいのと、エンジン始動の際、毎回走行モードを変えるのが、面倒だから。燃費の事を考えると、確実にeco proモードの方が良いのですが、やはり僕はコンフォートモードが好きです。ちなみに僕の経験上、この118dの最も燃費が伸びる速度は100~110kmあたりではないかと思います。今まで乗ってきた車は体感上80km程度が最も燃費が伸びる速度でしたが、
やはりBMWは、もう少し高い速度域の方が燃費が伸びるように感じます。これには8ATと言う、多段ATも大きく関係していると、個人的には思っています。

スポンサーリンク

eco proモードのセーリングを上手く使う

1シリーズのセリングモード設定画面

燃費向上に効果があった、eco proモードですが、高速道路走行時、さらにセーリング機能を使えば燃費の向上が狙えます。このセーリング機能どんなものか、簡単に説明すると、60km以上で走行時、トランスミッションを切り離し、ニュートラル状態で、滑走します。もちろん滑走状態から、アクセルを踏み込めば、瞬時にトランスミッションがつながり、再加速していきます。エンジンブレーキの影響を受けないので、平坦な道なら中々速度は落ちません。下り坂になっていれば、勾配にもよりますが、むしろ加速していきます。このセーリングモードの設定方法ですが、 iDrive車両情報設定→車両設定→eco pro設定→セーリングの枠内にチェックマークを入れることで、設定が可能です。上で書いた最高燃費を達成した際、僕はこのセーリングモードをONにしていました。
eco proモードで燃費が向上した中でもこのセーリングモードは大きな仕事をしていると個人的に思っています。あと、このセーリング機能を最大限活用するには、しっかりと車間距離を確保することが、大事だと思います。余裕を持った運転も燃費向上には大事な要素ですよね。

スポンサーリンク

オートクルーズは基本使わない

僕の乗っている118dには、オプションで装着可能なACC機能が付いていません。オートクルーズ機能は付いているのですが、設定した一定の速度でしか走行できません。一般的には、これでもオートクルーズ機能を使用した方が低燃費になるのでしょうが、使用していません。かなり高速道路が空いている状態であれば、使用すればいいのでしょうけど、実際は他の走行している車両がかなりいますので、結局加減速をしなくてはいけない場面に多々遭遇します。クルーズコントロールを使用している最中、減速はブレーキを踏むしかないですし、結構ストレスなんですよね。

1度早朝の空いている時に使用してみたのですが、自分で操作するのと燃費が変わらなかったですし、何だか機械任せは落ち着かないアナログ人間なので、使用はしないでいます。ACC機能が付いていれば又、違うのかもしれませんが、僕の車には付いていませんので、使用しません。


高速道路を多々走行するので、ACCの付いてる車両を選べば良かったと今になって思っています。

スポンサーリンク

市街地では、狙った速度まで一気に加速し、惰性で走る

一般的には、ふんわり加速や、ゆっくり加速した方が燃費が伸びてエコ、だと言われていますが、僕の経験上、この118dと言う車は、一気に加速して、目標の速度まで達したら、アクセルを緩め、一定の速度で走行した方が燃費が伸びるように感じます。


週間燃費のゲージもゆっくり加速した際は、中々上限の30km/l、にならず10~20km/lのあたりをウロウロしています。精神衛生上も、サッと加速して、瞬間燃費計が振り切っていた方が、何だか落ち着きます。それに何だかダラダラ加速するのを繰り返すと、

エンジンに良くないような気がして、一気に加速する様に、しています。一気にと言っても、極端にアクセルを踏み込むわけではなく、トランスミッションの変速が2000回転程度で、変速される程度の加速です。これが、2500回転程度で変速するような加速をすると、他の車から見た時、白い目で見られるような加速をしていきます。あまり極端な加速をすると、今度は何だかトランスミッションに負担がかかりそうな気がしてしまいます。あくまでも個人的な思い込みなので、真偽のほどは分かりませんが、長くこの車に乗りたいと思っているので、寿命を縮める様な事は極力避けたいと思っています。

スポンサーリンク

最後に

BMWに乗って、燃費の話なんてケチ臭い、と思われる方もいるかもしれませんが、サラリーマンにとって、車の燃費って、結構重要なんですよね。僕が高速道路を走行する際超える、ほぼ毎回カタログ燃費を超える燃費を記録していたので、書いてみました。118dにお乗りの方は、みんなそうなのかもしれませんが、やはり燃費がいいと燃料代をあまり気にしなくて良くなり、遠出が楽しくなります。118dに買い替えてから、車での遠出も増えた気がします。


又、エコ運転を心がけると、車間距離も自然とあけるようになり、安全運転にもつながる様な気がしています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
下にも関連記事がありますので一読下さい。

コメント