BMWのルームミラーに内臓されている純正ETCは2.0対応

BMW

BMWの車に標準装備されている、ルームミラーに内蔵されたETCエレクトロニック・トール・コレクション)システム。これ実は年式にもよりますが、ETC2.0に対応しています。

2016年から本格的に運用が開始されたETC2.0ですが、導入コストの高さなどから、まだまだ普及していないのが現実の様です。そんなETC2.0を標準で搭載しているのはいいですね。

スポンサーリンク

そもそもETC2.0って何?

通常のETCは支払いのみの単一機能に対し、ETC2.0の違いって意外とあまり知られていないように感じます。分かりやすいところで言うと、高速道路を走行中に道の駅に寄る為の一次退出などが可能になります。

又、DSRC(Dedicated Short Range Communication)通信により、ITS(Intelligent Transport Systems)スポットで交通情報を送受信し、渋滞情報などを得る事ができます。

このことについては、取説にも記載がありましたので、下の画像を見て頂ければと思います。

DSRCの説明

このITSスポットは全国の高速道路に約1700か所程度、設置されており、このITSスポットを通過することで、この先の高速道路上で発生している、事故や規制、落下物や渋滞情報など様々な情報を得る事が出来ます。

まだまだ普及が進んでいないので、今後どうなるかは不透明ですが、ドライブスルーでの支払いなども計画されているようです。

世の中どんどん便利になっていきますね。

スポンサーリンク

便利なだけでなく、正直煩わしいこともある

このETC2.0が装着されているBMWの車に乗って高速道路を走っていると、カーナビと連動している為、しばしばこの先の高速道路の情報を長々と教えてくれます。

この話がかなり長いんですよね。音楽を楽しみながらドライブしている時なんか特に煩わしく感じてしまいます。

しかも結構先の道路の情報を教えてくれるので、正直途中のSAでネクスコの道路情報をアプリで見ればいいような情報なんですよね。感じ方は人それぞれ違うと思うので、一概には言えませんが、個人的にはこの音声の道路情報は必要性を感じていません。

スポンサーリンク

音声の道路情報をキャンセルする方法

上で書いた音声での高速道路情報はキャンセルすることが可能です。

まずは下の画像の様にMENUからMAPの画面を選択し、設定にカーソルを合わせ、クリックします。

まずはMAP画面で設定をクリック

次に下の画像の様に交通情報(VICS/ITS)をクリック。

交通情報(VICS/ITS)をクリック

さらに下の画像の様に、音声読み上げのチェックマークを外す。

上記操作であの煩わしい、高速道路上での音声読み上げを回避することが可能となります。

ちなみに上で年式によってETC2.0に対応していると書きましたが、上記画像の様に、交通情報に(ITS)の記述があれば、ETC2.0対応となります。非対応の機種でも、費用は発生しますが、正規ディーラーで再セットアップすれば、ETC2.0に対応可能となります。

スポンサーリンク

最後に

今後ETC2.0がどこまで便利になっていくか興味があります。ドライブスルーでの支払いは便利で良さそうですね。早く実用化されればと思います。

まだまだ普及はこれからだと思いますが、ETC2.0がどのように進化していくのか、アンテナをはっておきたいと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメント