BMWの便利な機能1~8のプログラマブルボタン

BMW

BMWの車には、プログラマブルボタンと言うショートカットキーの様なボタンがセンターパネルに存在します。車の購入時、特に説明もなかったので、最近まで、ラジオのチャンネル設定かな?程度に思っていましたが、違った様です。

このプログラマブルボタン、内容を理解して設定するとすごく便利な機能です。

スポンサーリンク

プログラマブルボタンについて

上でも書きましたが、僕はこの1~8のボタンをてっきりラジオのチャンネル設定のボタンだと思ってました。

これは、大きな間違いで、プログラマブルボタンだと知ったのは、購入後、半年程度経って、取説を暇なときに眺めていた時でした。

このプログラマブルボタン、言うなれば、パソコンでも良く使うショートカットキーの様なものです。iDriveでクルクル、カチカチといろんな画面に行くことがあると思いますが、これをボタン一つで、記憶させた画面まで行くことが出来ます。

iDriveも階層の深い設定画面にたどりつくには、結構な操作が必要になります。よく使う画面が階層の深いところにある場合は特に有効な機能です。

スポンサーリンク

設定方法は簡単

設定方法は非常に簡単で、プログラマブルボタンを押した際、表示させたい画面で、記憶させたい1~8のボタンを長押しするだけとなります。

例えば、今聞いているラジオの局を1番のボタンに記憶させたい時は、ラジオを選局した状態で、1番のボタンを長押しします。

これだけで、次回以降、例えばUSBに入れた曲を聴いているときに、この設定した局のラジオが聞きたく待ったら、1番のボタンを押すだけでラジオに切り替えることが出来ます。

スポンサーリンク

1~8に何を設定したか覚える必要はなし

さすがに1~8に何を設定したか、忘れてしまう事もあると思います。でも実は覚える必要はないんですよね。

実はこのボタン2段階に反応する様になっています。と言うのも、ボタンに触れると、その触った番号のショートカット名がナビ画面の上部に表示されます。

そのショートカット名を確認してボタンを押せば、ショートカット機能が実行されます。

最初は、BMWさんどこに金かけてんすか?金かけるところ間違ってないですか?と思っていましたが、いざこの機能を使いだすと、必要な機能だと思い始めました。さすがに、どの番号に何を設定したか、覚えられません。

スポンサーリンク

1番に自宅、2番に案内中止を設定しておくと便利

恐らくBMWに乗っている人の多くが設定していると思いますが、1番に自宅への案内を入れておくと、便利です。

あと2番に案内中止のショートカットを入れておくと、分かる道まで戻ってきたときにすぐ、案内を終わることが出来るのでとても便利です。

1点注意が必要なのは、車を売却時、このショートカット設定をリセットしておかないと、自宅が次のオーナーに分かってしまいます。

このリセットの方法はFモデルであれば1と8の同時長押し(5秒)でリセットされます。売却時は忘れずに行うようにしましょう。

トラベルボードコンピュータ
走行距離、走行時間、燃費、平均速度が一目で分かる

他にも、高速道路を良く使用する人は、サブ画面で次のICやSAを表示してくれる画面をショートカットとして設定しておくとか、トラベルボードコンピュータの表示をショートカットとして設定しておけば、燃費や、走行時間、走行距離等をサッと確認できます。

この辺も僕はショートカットキーとして設定しています。

スポンサーリンク

最後に

中々取説を開く事がないので、まだまだ知らない機能もたくさんありそうな気がします。

意外と、iDriveも階層の深いところにたどり着くには操作が煩雑になるので、このプログラマブルボタンを有効活用して、快適なドライブを楽しみたいと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
下にも関連記事がありますのでご一読頂ければ幸いです。

コメント