BMW1シリーズ(F20)の運転席と助手席について

BMW

BMWのエントリーモデルである1シリーズ。今までミニバンにしか乗ってこなかったので、初めて試乗したときは、結構狭いんだなと感じた記憶があります。

ですが、今では慣れてしまったので、1シリーズの運転席は非常に快適だと思っています。

スポンサーリンク

運転席は最初非常に狭く感じるが、慣れると快適

上でも書きましたが、最初試乗したときの第一印象は「狭い」でした。しかも今まで乗ってきた車の中で、ダントツ1位でフロントガラスが近い印象を持ちました。この印象を持ったのは、試乗車の座席の上下高さ調整がなぜか一番高くなっていたからと言うのも大きな原因があるのですが、座席を下げても狭い印象は大きくは変わりませんでした。

ですが、購入して少し乗ると、慣れてきたのか、狭いとも感じなくなり、何ならこの包まれ感が丁度いい感じじゃないかと思い始めました。

前に乗っていた車種が何かによって感じ方は大きく違うと思いますが、多くの方が最初狭いと感じるのではないかと思います。試乗した際、狭いと感じ、購入を躊躇する人もいるかもしれませんが、そんな方は、何度も試乗を繰り返すことをお勧めします。多分そのうち慣れて、快適に感じ始めることが出来るかもしれません。

僕はこの1シリーズの運転席に慣れちゃってるので、逆にミニバンを運転する際、広すぎて落ち着かない感じがすることがあります。

1シリーズの運転席は窓のサイドラインも結構高い位置にあるので、右ひじをドアの窓のサイドラインにかけると、まるでバスタブに使っていながら運転しているような感覚さえ覚えます。

スポンサーリンク

車の中心に前席がある為、乗り心地が非常に良い

上の画像を見て頂ければよく分かるのですが、運転席は前輪と後輪のほぼ中央に位置しています。

しかも車両の前後重量はほぼ50:50と、非常にバランスが良く、段差を乗り越える際など、非常に乗り心地が良く感じます。

僕の118dのグレードが非Mスポーツなのも大きく影響しているとは思いますが、この前席が前後輪のホイールベースの中央に位置していることが乗り心地の良さに大きく影響していると思っています。

さらにコーナリングの際、旋回中心付近に運転席があるので、コマの中央の様にクルクル曲がる感覚を味わえるのも、運転が楽しく感じる大きな要因だと思っています。

その代わり、後部座席はと言うと、大人が乗るには正直狭いですし、少し跳ねる印象があります。ただし、これが高速走行時は安定性として効いてくるのですが、街中を走る分には、少し後部座席に乗る人にとっては、ゴツゴツ感があるかもしれません。

スポンサーリンク

運転席の操作ボタンは背もたれから背中を浮かせることなく操作可能

BMWの車全般に言えることだと思いますが、基本ドライバーファーストの車だと個人的には思っています。特に1シリーズの運転席はまるでコックピットの様に、すべてのボタンに背もたれにもたれかかった状態で、手が届きますし、運転していて、非常に快適です。

冒頭に狭いと書きましたが、今までミニバンと、ハイト系の軽自動車にしか乗った事がなかったので、そのように感じただけで、必要十分なスペースはありますし、何なら、包まれ感も気持ちよく、操作系にも自然な感じで手が届くし、非常に考えられている様に感じてしまいました。

僕の体のサイズは身長170センチ、短足、短腕でもこの状態なので、多くの方に同じように感じてもらえるのではないかと思っています。

又、操作系もショートカットボタンの様なプログラマブルボタンもあり、非常に便利です。

スポンサーリンク

乗車姿勢は着座位置が低く、足を前に投げ出す感じになる

1シリーズの運転席は着座位置が結構低く、乗り込む際、「よっこらしょ」と言いたくなってしまいます。運転してみると、結構地を這う様な感覚が楽しめます。

反面、前に少し背の高い車がいると、全く前の状況が見えません。BMWが渋滞中等に、右に左にフラフラしている所を時々見かけますが、昔はBMW乗りの人ってイラチが多いのかなと思っていたのですが、この1シリーズに乗り始めて、前が見えないからフラフラしてるんだろうな。と思う様になりました。もしそんなBMWを見かけたら、前が見えないんだろうなと、生暖かい目で見て頂ければと思います。

話を戻して、着座姿勢なんですが、着座位置が低い分、座面と床との間も狭く、足は前方に投げ出す形になります。

この姿勢って、理由はわかりませんが、長距離移動の際、僕は非常に疲れにくかったです。どの程度の長距離移動かと言うと、片道800km程度のほぼ高速道路の走行なんですが、約11時間かかりました。

その間1人で走行したのですが、全く疲れることはありませんでした。今までミニバンで300kmも走れば、椅子に座っているような姿勢で運転しており、背中が痛くなったりしていたのですが、それもなく、快適に長距離運転が出来ました。

嫁もこの1シリーズでは非常に良く寝ています。逆に、ミニバンでの移動時、寝れないとぼやいています。足を投げ出し、寝ているような姿勢で乗車できるので、助手席の同乗者も、地を這う走行姿勢が苦手な人以外は、長距離移動時であっても快適に過ごせるのではないかと思います。

スポンサーリンク

最後に

結局は慣れの問題なのかもしれませんが、1シリーズの全席は非常に快適です。僕がそのように感じただけで、人によって感じ方は千差万別ですので、気になった方は1度試乗をお勧めします。

1シリーズの全席は乗り心地、運転の楽しさ、快適性、すべてが高次元でバランスよくまとめられていると個人的には感じています。

コメント