輸入車を選ぶ理由は人それぞれ!アンケートから見える実際の理由

BMW

先日、国内でも有数の輸入車買取サービスである外車王。この外車王を運営するカレント自動車株式会社が輸入車に興味のある259人を対象に、憧れの輸入車メーカーと、そのメーカーを憧れる理由についてアンケートを実施し、その結果を発表しました。

先日ツイッターで見かけたあのアンケートの結果が出たようですね。質問内容が2問だけのアンケートでしたが、面白い結果となりました。

スポンサーリンク

憧れの輸入車メーカー第1位はBMW

アンケートの対象者が259人と少し少ないので、信憑性は少し疑問が残りますが、アンケートの結果で第1位に輝いたのはBMWでした。

僕自身BMWのエントリーモデルである1シリーズを所有しているので、この結果は少しうれしく思いました。

ですが、このBMWが憧れの1位となっているのも、1シリーズとかではなく、3シリーズ以上の車が対象となるんだろうなと思っています。

正直、スポーツ系で言えば、6シリーズや8シリーズ、ラグジュアリーで言えば7シリーズやX7なんかはかなり憧れがありますね。

アンケートの結果

アンケートを受けた人の2割近くが、BMWと回答する結果となっています。個人的にはメルセデス・ベンツやポルシェ、フェラーリよりもBMWを憧れのメーカーとすることに少し驚きました。

又、アストンマーティンがその他の一団ではなく、個別で出る範囲に入っているのも少し驚きました。憧れで言えば、ポルシェやフェラーリがランクインしていることを考えれば、ランボルギーニやマセラティ、マクラーレン、ブガッティ等も入ってきてもいいのではないかと個人的には思いましたが、こういったスーパースポーツの中でも、認知度はやはりポルシェやフェラーリの高さが良く分かる結果となっていますね。

スポンサーリンク

輸入車メーカーに憧れる理由

憧れの輸入車メーカーを選んだ理由

結果を見ると半数の人は外見とステータス性で輸入車を選んでいると言う結果になりました。やはり車を選ぶ際、この辺は結構大事な部分になって来るんでしょうね。

僕自身、BMWを購入したのも、正直外観や、ステータス性は大きな理由だったと記憶しています。さらに購入した理由を考えてみると、子供のころから好きなおもちゃを買っていいぞと、祖父等に言われた際は、「かっこいいから」と言う子供らしい単純な理由でBMWのラジコンを買ったりしていました。

この感覚は、大人になって車を選ぶ際にも生きていたようで、いざディーラーに行って、自分の物になるかも知れないBMWの実車を見ると、もうかっこよくて欲しくなって購入していました。

実際所有してみるとエントリーモデルの1シリーズとは言え、所有する事への満足感も有りますし、当初はステータス性も感じていたのですが、何より運転が楽しくなりましたね。ステータス性については正直どうでも良くなっています。

このアンケート自体が質問が2問だけと、単純明快だったので、あまり考えることなく、本能のままに回答した人が多かったのではないかと、個人的には思っています。

人によって、輸入車を選ぶのは様々な理由があると思いますが、やはり、カッコよさ、ステータス性、人と違うものを所有したいと言う希少性、有名人が乗っているからと言う、憧れ等、この辺が多くの人の理由ではないかと思います。

僕自身単純に国産以外の車に乗ってみたいと考えていたのですが、深く踏み込むと、上で書いたような理由があるんだと思います。

最後に

輸入車を選ぶ人って、やっぱり、輸入車メーカーに対するあこがれが有ったり、カッコよさに惚れたり、人と違うものを所有したいと思って手を出す人が多いのではないかと思います。

国産車にもい車はたくさんあるのですが、やっぱり輸入車には、どこか、道具としてだけではない、独特の色気がある様に感じてしまいます。

今後も輸入車ライフを楽しんでいきたいと思います。

コメント