サラリーマンがBMWを購入後の会社での変化

カーライフ

僕が購入したのは、BMWのエントリーモデルとなる1シリーズになるのですが、そこはBMW。いくらエントリーモデルとは言え、通勤で使用すると、会社内では様々な反応がありました。なんだかんだ車が好きな人が多いんだなと感じた瞬間でした。

僕の勤めている会社は社員300~500人程度の、いわゆる中堅企業になります。社員の中には一部外車に乗っている人もいます。特に部長クラス以上になると、半数程度の人が外車に乗っています。

そんな状況で起きた変化とは?

スポンサーリンク

話した事もない役員に車の話題で話しかけられる

BMWに買い替えて1か月ほどたったある日、すれ違い様に、今まで話もしたことのない役員の人に

「○○君、最近BMWの1シリーズ買ったらしいね。調子はどう?」

と話しかけられました。何でこの人は乗り換えたの知ってるんだろうと思いつつ、

その場は「最高です」と、とりあえず返しときました。

後で聞くと、たまたま通勤時に僕の車を見かけた見たいです。その人も外車(ベンツEクラス)に乗っており、外車好き。若い子がBMWに乗っているのを見て、一度話かけて見ようと思ったそうです。

その後も、顔を合わせると、車の話をしたり、仕事の話をしたり、して頂いています。最近ではこの役員の人と、仕事で少し絡む機会があったのですが、この雑談できる関係性があったおかげで、非常にスムーズに話を進める事が出来た事もあります。

また、話の中で、1シリーズを選んだのも非常に好感が持てる。的な事を言われた事があります。30代のサラリーマンにはよく似合うそうです。その人が言うには30代で3シリーズは頑張りすぎらしいです。

でも車なんて好きな物を乗ればいいと思いますけどね。

スポンサーリンク

いろんな人に車の相談を受けるようになる

どうもBMWを買った事で、車好き認定された様で、車の事についてよく話しかけられるようになりました。特に多くの人がBMWのディーゼルってどうなの?と聞いてきます。意外とディーゼルエンジンに興味を持っている人が多いと感じました。

あと、燃費の事についてもよく聞かれます。外車だから燃費が悪いと今でも思っている人が多いようで、高速を走ると20km/lを超える話をすると、みんな驚きます。

燃費についてはこちらもご覧ください。

又、SUVが欲しいんだけどどんなのがあるのとか、いくらくらいするの?とか、外車欲しいんだけど、300万以内で買えるのってどんなのがあるの?とか。意外と自分で調べない人がいるんだなと感じてしまいました。

なんにしても、そんな質問に答える中で僕自身も色々勉強になる部分もありますし、いろんな人と話をするきっかけになるので、いいことだと思っています。

先ほども書きましたが、雑談をすることにより、仕事上の人間関係もいいものになりますし、仕事のお願い等もしやすくなりますので、コミュニケーションツールにもなっています。

スポンサーリンク

いいことばかりではなく、妬みを持ってくる人もいる

これは避けては通れないと思っています。

いくら1シリーズとは言っても、車にあまり詳しくない人は、「BMW」の車という認識になり30代の若造が、高級車に乗っているという認識になってしまう場合があります。

そこから、大した仕事もしてないのに、高給をもらいやがって。とか、エリートさんは違いますねーとか、嫌みを言われることもありましたが、まったく気にしていません。とりあえず笑ってやり過ごしてます。

面白いことに、個人的な感覚になりますが、嫌みを言ってくる人って、ギャンブルが好きな人が多いんですよね。

何にしても、あまり大きくない会社で外車を買うと、多少の妬みは覚悟しておいた方がいいかもしれません。

スポンサーリンク

未だに外車はすぐ壊れると思ってる人が多い

先に言っておきますが、最近の外車は昔に比べ壊れません。僕の車もまだ故障したことはありません。

よく、外車なんかすぐ壊れるぞ。とか言われますが、そんなことはありません。

今の時代サプライヤーもグローバル化しているので、BMWだから壊れやすいとか、フランス社だから部品の耐久性が悪いなんてことはないと思います。

実際多くの外車にアイシン製の変速機が使われていたり、日本製の物も多く採用されています。

スポンサーリンク

BMWがコミュニケーションツールとして役立っている

BMWを買った事で良かった事の一つが運転が楽しく、通勤すらも楽しくなったこと。

さらにもっと良かった事が、今まであまり接点のなかった人と話をする、とっかかりとして非常に役立っています。

仕事上でも役立っていますし、プライベートでも話のネタとして役立っています。おかげで多くの今まで話をしたことがない人と会話のきっかけになりました。

やっぱ多くの人が外車に興味があるんだなと思いました。

スポンサーリンク

まとめ

BMWを買った事で、会社の話をしたこともない人との交流が生まれた。

この交流が仕事上でも有利に働く事が多くあった。

BMWはただの移動手段としての乗り物だけの価値ではなく、会話のネタになる付加価値がある。

僕にとってはこの付加価値の部分は非常に買って良かったと思えるものでした。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメント