タイヤ交換時にオールシーズンタイヤと言う選択肢

BMW

今年は暖冬で、雪が降っていない地域も多いと思いますが、近年、都市部、東京でも年数回は雪が積もり、交通機関がマヒ何てニュースも目にする機会が増えたように感じています。

僕も、比較的温暖な西日本に在住しているので、雪が降るのは1シーズンに1~2回程度です。この為にスタッドレスタイヤを購入するのは結構躊躇してしまいます。年に数回雪の多い地域に赴く事があるので、妻のオデッセイにはスタッドレスを装着しますが、僕の車には購入していません。

スポンサーリンク

オールシーズンタイヤなら夏のドライ路面も冬の雪道も走行可能

まだまだ日本では知名度の低いオールシーズンタイヤですが、ヨーロッパや北米では、新車装着タイヤとしての採用が広がっています。と言うのも、オールシーズンタイヤなら、夏のドライ路面も冬の雪道も、雨の日のウェット路面でも一定の走行性能が有り、非常に効率的なため、普及が進んでいるようです。

正直、こんないいタイヤがあるなら新車装着してほしいと個人的には思っていしまいます。

冬場と、その他の季節でタイヤを変える必要もないですし、年中変わらない走行感覚で走れます。夏用タイヤと冬用タイヤを両方準備するには費用もかかりますし、何より保管場所も必要になってきます。タイヤ4本の保管場所って、アパートやマンションなんかに住んでいると、中々場所がなくて、レンタル倉庫等を借りる必要が有ったり、ショップに保管してもらうにも費用が発生したり、意外とコストがかかるんですよね。

又、毎シーズンタイヤ交換が夏用→スタッドレス、冬が終わると、スタッドレス→夏用タイヤと、1シーズンに2回のタイヤ交換が必要になってきます。

僕は自分で交換してるんですが、これもショップにお願いすると費用が発生してしまいます。

この辺の事を考えると、普通の夏用タイヤより少し購入費用は高くなりますが、個人的には、トータルで見るとコストパフォーマンスは悪くないと思います。

スポンサーリンク

オールシーズンタイヤの弱点は凍結路や深雪には対応していない

オールシーズンタイヤと言う名前から、どんな環境でも対応可能かと思われるかもしれませんが、さすがに弱点もあります。最も気を付けなければならないのが、凍結路には対応していない点です。

さすがに、この凍結路が頻繁に発生する地域にお住いの方は、夏用タイヤと冬用タイヤを併用することをお勧めします。又、深雪にも対応していませんので、ウィンタースポーツを行う方にも、個人的にはお勧めしません。と言うのもスキー場って、行きは天気よくて問題なく行けても、帰りは吹雪になり、一気に雪が積もるなんてことも起きます。

当然、スタッドレスタイヤの方が雪道性能は高いので、あくまでも、温暖な地域にお住まいで、年数回の積雪のためにスタッドレスタイヤを購入するのに躊躇している方や、いざと言う時の為にスノーソックスの購入を考えている方、にお勧めできるタイヤだと個人的には思っています。

スポンサーリンク

2018年からBMWの承認タイヤにオールシーズンタイヤが仲間入り

あらゆる路面で、 BMWの歓びを広げる。BMW承認オールラウンド・タイヤ、 ContiProContact™発売。 | BMW Service Lounge.
BMW承認オールラウンド・タイヤContiProContact™ 夏タイヤと冬タイヤだけではない。高性能で利便性にも優れた、BMW承認タイヤのもうひとつの選択肢とは? BMWのドライビングの歓びを支える、極めて重要なパー ...

上のリンクはBMWの公式サイトです。2018年秋からBMW承認タイヤにもオールシーズンタイヤが採用された様です。

短いですが、動画での雪道での有効性もあり、オールラウンドタイヤの有用性が良く分かります。ですがこれ、恐らくお高いんでしょうね・・・

車検時に僕の118dのタイヤの寿命が近くなっていたので、交換見積もりを頂いたのですが、約18万円でした。205/55/r16と言う、恐らくBMWのラインナップでは最安の承認タイヤだと思いますが、この金額です。

多くの車種で採用されている、18インチで、承認マーク入りのランフラットのオールシーズンタイヤとなると、いったいいくらくらいするんでしょうか。今度ディーラーにお邪魔したときにでも聞いてみようと思います。

スポンサーリンク

最後に

現在、僕の車のタイヤの寿命が近くなってきているため、どれに交換しようか非常に迷っています。反面、色んなブランドの色んなタイヤを知るいい機会で、楽しかったりもします。

今回このオールシーズンタイヤを知って、候補の一つとして考えています。あくまでも雪道の走行性についてはスタッドレスタイヤの方が優れていますが、僕と同じように温暖な都市部にお住まいの方は、いざと言う時に備え、候補にしてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメント