BMW118dにフューエルワンを投入した効果と感想

BMW

先日、4年目の1年点検の日程も決まり、オイル交換まであと1か月となったので、燃料添加剤で最も有名であろう、ワコーズさんのフューエルワンを投入してみました。以前からこの商品、気にはなっていたんですが、個人的にこの手の商品は、本当に効果が有るのであれば、オイルに汚れが流れ込むであろうとの考えから、オイル交換の前まで我慢していました。

118dは満タン給油時約600~900km程度は走行しますので、オイル交換まで1000km程度のタイミングで施工するのがいいのではないかと考え、今回投入してみました。

スポンサーリンク

フューエルワン施工時の状況

まず僕の車の状況ですが、走行距離は約39,000km、新車から3年11か月経過しています。途中、初回車検時に、BMW純正の燃料添加剤を投入してもらいました。この時の走行距離は、約30,000kmでした。車検終了後、少し走って感じたのが、アイドリングが明らかに静かになっている事でした。

この時はエンジンシャンプーも同時施工していたので、正直、燃料添加剤の効果なのか、良く分からなかったため、今回、オイル交換の前に、評判のいい、燃料添加剤のワコーズ、フューエルワンをチョイスしました。

施工時は、燃料計も、残り1/4のメモリを切り、走行可能な予測距離が110km程度となった時点で、ガソリンスタンドで投入しました。

ボトルをさかさまに差込一気に投入

画像の様に、さかさまにボトルを一気に差込投入しました。BMWの給油口には逆止弁の様なものが有り、ボトルの先がその弁にぎりぎり届くので、特にこの弁を気にせず、さかさまに一気に投入することで、問題なく投入出来ました。

そのまま軽油を給油し、施工完了です。

ガソリンスタンドで、ごそごそとトランクからフューエルワンを取り出し、投入中の写真を撮影したり、給油量を撮影したりと、店員さんからすると不審者だったかもしれません。

この時の給油量が約45.8ℓでした。

フューエルクリーナー施工時の給油量

118dの燃料タンクは確か52ℓだったので、残燃料は約6~7ℓしかない事になります。で、残りの走行可能距離が約110kmと言うことは、この残り走行可能距離は結構正確で、日本車と違い0kmになると本当にガス欠になりそうですね。れにしても、リッター単価99円でやはりディーゼルモデルは経済的だと再度痛感しました。

スポンサーリンク

施工後約100km走行後、初めて感じ始めた効果

初めて、効果を感じ始めたのは、給油後約100kmほど走行した後でした。ただ、あくまで個人の感覚なので、参考までにしていただければと思いますし。ブラシーボの可能性もあります。ただ、毎日車に乗っている身ですので、変化については多少なりともあったと言うのが、個人的な見解です。

どの部分にまず効果が出たかと言うと、アクセル開度に対する加速の部分になります。施工前は、最近車が重たく感じると言えばいいのか、アクセルの踏み込みに対して、加速がいまいち乗ってこない感覚が有りました。これは購入時の感覚と比較しての物です。これが現在は車が軽くなったと言えばいいのか、今までの感覚でアクセルを踏むと、静かに今まで以上の加速を得られているように感じました。

変わらない部分としては、アクセル全開時のトルク感が新車時に比べ薄くなっている感じを受けていましたが、この辺については100km走行時では、違いは感じられませんでした。

アイドリングについても、この時点では、体感できるほどの効果は感じていません。

やはりアクセル開度の低い領域での効果をまず感じました。

燃費についても、通勤メインで、投入以前は13km後半だったのが、現在は14.5kmとなっているので、多少ではありますが、改善しています。数値にすると約5%の改善となります。

燃料添加剤を入れるのはオイル交換前がおススメ

上でも書いていますが、この手の、燃料添加剤は、オイル交換前に行うのが、個人的にはお勧めではないかと思います。なぜかと言うと、、燃料添加剤によって、エンジン内部の落ちた汚れはどこに行くのかと、考えると、間違いなくオイルに流れ込みます。

オイルフィルターも付いているので、この汚れが原因で、エンジンが故障するとか言うことはないと思いますが、やはり汚れたものは、速めに交換するのが鉄則だと思います。

であれば、燃料添加剤を施工し、汚れをオイルに移し、オイル交換を行い、エンジンオイルも新しいものに変える事で、より、効果があるのではないかと感じています。

又、投入量はしっかり守りましょう。これは燃料添加剤の洗浄成分PEAが難燃性の為、あまりに濃く入れすぎると、着火不良を起こすことが考えられます。

用法容量は正しく使いましょう。

最後に

今回初めてフューエルワンを施工して100km走行しましたので、体感を書いてみました。まだまだ燃料もたっぷり残っていますし、効果が出てくるのはこれからかもしれません。

今、燃料がなくなるまで走行した際の体感も追加していきますので、興味のある方は、時々覗いてください。今度は純正燃料添加剤を試してみようと計画中です。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

  1. 桃太郎 より:

    お久しぶりです。
    先日、燃料添加剤についてコメントさせて頂いた者です。

    フューエルワンを添加し、感想を更新していただきありがとうございます。
    以前のコメント時も述べましたが私はフューエルワンの効果を燃費・パワーの面で体感できませんでした。今思えば私はバイクと車でフューエルワン1本をシェアしたせいでしっかり効果を発揮できなかったのかもしれません。
    ponsuke様の燃費データを見るとやはり効果があるようですので、もう一度、私もオイル交換前に購入して再考したいと思います。

    こういった商品はしっかりデータ取りを行わなければプラシーボ効果で燃料添加剤の効果の程が左右されると思います。ですので、様々な添加剤を試していただけるのは大変ありがたいです!!

    ただ、フューエルワンで本当にバルブ等のスラッジが燃焼されていれば次に試す純正添加剤の効果が感じにくくなりそうだな、と思いました。(余計なこと言って申し訳ございません)

    以前のコメント時に他の方がおっしゃていた軽油のセタン価を上げる添加剤が個人的に気になっているので近々、試してみたいと思います。

    • ponsuke より:

      桃太郎 様
      いつもコメントありがとうございます。
      仰られる様に、この手の商品は効果が分かりにくいですよね。
      正直、僕自身も、何か車にいい事してる感が好きなだけで、
      ブラシーボの疑いも多分に有ります。
      ただ、長い目で見ると、何かしらのメリットがあると
      考えています。エンジンの中なんて中々見れないので、
      本当の所は分かりませんが、多少なりとも効果はあると
      個人的には思っています。

  2. メカマニアのおっさん より:

    丁度同じ様なタイミングで、fuel-1を投入したみたいですね。
    私の場合は、約10,000km毎に使用していますが、
    燃料系の汚れ防止の意味で使用しているため、体感は期待出来ないと、
    割り切っての使用です。
    youtubeで見たのですが、fuel-1を使用したからと言って、
    オイルが汚れる事は無いと、wako’sは公式に明言しているので、
    オイル交換の時期とは特に気にせず使用しています。
    ですが、年明けのdiesel-1の使用時は、投入後に燃料を使いきるギリギリまで、
    給油を伸ばして、その後にオイルとエレメント交換を考えています。
    50,000kmでdiesel-2を使って見たいかなぁ。

    • ponsuke より:

      メカマニアのおっさん 様
      いつもコメントありがとうございます。
      正直僕も、何か車にいい事してる感が好きで施工
      しているようなものです。
      ただ、約3.9万km走行で施工しましたが、多少なりとも
      効果は感じています。(ブラシーボかも)
      オイル汚れはないんですね。何だか意外です。
      メーカーが言うなら信じます。
      ディーゼル2は興味はあるんですが、少し施工の
      レベルが僕には高くて躊躇しています。
      ただ、DPFに異常があれば、すぐに試してみたい商品ですね。
      もし施工した際は、効果や、施工時の発煙状況等教えて頂ければと
      思います。