BMWに乗っている人ってアイドリングストップはどうしていますか

BMW

のっけから疑問形で申し訳ないんですが、最近のBMWの車ってアイドリングストップが標準で付いてくるんですが、皆さんはこのアイドリングストップの機能は使用していますか?

エンジンのスタートストップボタンの上にアイドリングストップをOFFにするボタンがあるんですが、皆さんはどうしていますでしょうか?ネット上ではよくOFFにしていると言う意見を目にするんですがやはりOFFにしている方が多いんですかね?僕は通常時はそのままアイドリングストップする状態で、渋滞時のみアイドリングストップの機能を切っています。

実際アイドリングストップの効果ってどのくらいあるんでしょうね?

スポンサーリンク

BMWのディーゼルのアイドリングストップは渋滞時、燃費が10%程度向上する印象

10%の燃費向上って結構すごいと思うんですが、上でも書いた様に渋滞時は、エンジン停止、始動を繰り返すのが煩わしくて、僕はアイドリングストップ機能をキャンセルしています。通勤時、2km程度の渋滞区間が有るのですが、この区間でアイドリングストップをキャンセルした際と、そのまま、アイドリングストップさせた際では、燃費が約10%程度違います。これって結構な差だと思うんですが、渋滞時なのであまりにも停止と始動の感覚が短いので、逆に車に悪影響が有りそうな気がして、キャンセルしています。しかもこの再始動時の振動が結構ブルっと来るんですよね。それもあり渋滞時はOFFにしている面もあります。

いくら燃費が良くなっても車を傷めて、故障につながっても、元も子もないですしね。ただ、確実にアイドリングストップをすることによって燃費は向上すると感じています。僕は、渋滞路以外では活用させてもらっています。

又、最近では、停止寸前にガックッと、意図しないアイドリングストップに少しストレスを感じ、アイドリングストップしてほしくない場面では、停止直前に、シフトレバーを左に倒し、マニュアルモードにすることで、アイドリングストップを回避する場面もあります。

スポンサーリンク

最近トヨタ車で脱アイドリングストップが進んでいる!?

これについては、個人的にすごく意外に感じたんですが、最近トヨタ車は脱アイドリングストップに舵を切ってきているように感じています。と言うのも、燃費性能が売り上げに直結しそうな、ヤリスや、売れ筋のRAV4など、標準でアイドリングストップが付いていない車種が増えてきています。

この脱アイドリングストップについては、個人的には賛同できる部分が有ります。と言うのも、確かに燃費は少し改善されるのですが、その分バッテリーは高性能な物を搭載しないといけなくなります。このバッテリーが非常に高額なんですよね。参考までに、アイドリングストップが付いているF20の1シリーズは、ディーラーで純正のバッテリー交換を行うと、6~7万円費用が発生すると以前、整備の責任者の方に教えてもらいました。これには驚きましたね~。(笑)

もう1台所有しているオデッセイもアイドリングストップ機能が付いているので、交換の際、約3万円の費用がかかりました。BMWほどではないですが、高額ですね。

金額だけでなく、恐らくですが、製造工程においても、この高性能なバッテリーを製造する際の温室効果ガスの発生量も多いのではないかと思います。最近ではカーボンニュートラルやSDGsを様々な場面で目にするようになり、この製造工程で発生する温室効果ガスについても企業として検討されているんだと思います。

消費者の為や、製造工程の件など、様々な事を勘案し、トヨタでは脱アイドリングストップに向かっているのではないかと思います。トヨタが行っていると言う事は、他社も追随する可能性もありますね。

トータルで環境の為になるなら、脱アイドリングストップは正しい判断だと個人的には感じています。

実はアイドリングストップ機構を初搭載したのもトヨタ

最近脱アイドリングストップを進めているように感じるトヨタですが、実は世界で最初にアイドリングストップ機能を搭載したのもトヨタです。

1971年4代目となるまだMTだったクラウンにニュートラル状態で停車するとエンジン停止、クラッチを踏むとエンジン始動となる機構だったようですが、実用段階にはまだほど遠い仕上がりだったようです。この年代の物を最初のアイドリングストップ機能と定義するのが正解かわかりませんが、停止時にエンジンを停止する機構と考えると、これが最初のアイドリングストップになるんだと思います。その後、1981年にスターレットへエコランシステムの名で搭載された歴史が有ります。

こうして考えると、今でもそうですが日本の車も多くの部分で世界初を生み出しているんでしょうね。モノづくりにたづさわっている身としては少しうれしく思います。

最後に

BMWに乗り始めて3年目が経過しました。アイドリングストップについても、場面によってOFFにしてみたりと、少し慣れてきたように感じています。

僕は、渋滞時のみアイドリングストップをOFFにしていますが、BMWにお乗りの方はどうしていますでしょうか?コーディングでデフォルトをOFF状態にしている方も多くいらっしゃるとおもいます。

良ければコメントよりご意見を頂ければと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

  1. ぽんず より:

    お久しぶりです。
    私は、エンジンかけるたびに、アイドリングストップoffにしています。
    バッテリーに負担がかかるのかな?と、勝手な自己判断ですが、、、

    コーディングも考えてますが、なかなか踏み出せていません。

    • ponsuke より:

      ぽんず様
      お久しぶりです。
      僕も最近アイドリングストップoffにすることが増えました。
      仰る様にバッテリーに負担がかかる気がしますよね。
      今年5年目の車検なんで、そろそろバッテリー交換も
      考えないといけないですし。。。
      同様に正規ディーラ外でのコーディングについては僕も踏み出せていません。

  2. にころう より:

    こんにちは、はじめまして。
    いつも楽しく拝見させていただいております。勉強にもなっております。ありがとうございます。118DF20に乗っております。
    通勤も含めて、街乗り中心なのでアイドリングストップは気になっていました。
    あのブルブル感が最初は心地よかったですが、きっとバッテリーは毎回お疲れだろうなぁ。。
    と燃費よりバッテリーの健康状態が気になりました。
    乗り出して数か月で、アイドリングストップボタンを押すようになりましたが、エンジン切る度にリセットされるので、ボタンを押すのを忘れたりして。。一人イライラ。。。
    ついに、マイコーディングでデフォルトを常時OFF状態にしました。
    コーディングは自己責任ですが、コーディング可能な項目があるという事は走りに問題無いだろうと自己満足しております。他にもコーディング色々しています。
    ストップ&ゴーがスムーズに駆け抜けるのでストレスフリーになりました。

    • ponsuke より:

      にころう 様
      初めまして。コメントありがとうございます。
      コーディングされたのですね。僕も興味はあるのですが、
      中々踏み出せないでいます。一人イライラ分かります。
      僕も良く止まるか止まらないかのところでガックッと
      エンストの様な感じでアイドリングストップがかかったり、
      意図しない場面でアイストがかかる事にストレスを感じます。
      最近では停止寸前にシフトを左へ倒し、マニュアルモードと
      することでアイストを回避する癖が付きつつあります。
      これも、もしかすると車に良くない癖かもしれませんね。
      又、時々、覗いていただいて、コメント頂けると嬉しいです。

  3. Kazu3310 より:

    初めまして。118d f20スタイルの最終モデル持ちです。いつも楽しく読ませて頂いております。私は、月2回程度、片道170km都内から地方への足としての利用中心です。アイドリングストップは基本的に、すぐにOFFにします。やはり再始動の時は鬱陶しいし、私のように古い人間にとってバッテリーへの不安感がありますので。
    参考になる記事が多いので、更新を楽しみにしております。

    • ponsuke より:

      kazu3310様
      初めまして。コメントありがとうございます。
      やはりバッテリーへの負担気になりますよね。
      そろそろ僕の車も5年目の車検が近くなりはじめ、
      そろそろバッテリーの寿命も気になり始めています。
      又何か気が付いたことがあれば記事にしていこうと
      思っていますので、時々見に来てくださいね!