BMW3シリーズ(G20)は運転が楽しいだけでなく後部座席も快適

BMW

BMWの3シリーズと言えばドライバーズカーの印象が強いと思いますが、意外と後部座席も快適です。さすがに、某国産車の様に、マッサージ機能が付いていたりと、至れり尽くせりとはいきませんが、後部座席に大人2人がしっかり乗れるだけのスペースや快適性は確保されています。

スポンサーリンク

意外と広い後部座席の足元

G20 3シリーズの後部座席

今お乗りの車によって感じ方はかなり違うと思いますが、僕自身3シリーズは運転を楽しむことに重きを置いていると思っていたので、後部座席については、あまり期待していませんでした。先日、1年点検の代車で1日車をお借りし、後部座席にも乗ってみましたが、意外や意外に足元のスペースが十分なスペースが有りました。ちなみに前席のポジションは身長170cm丁度の僕の運転ポジションでの後部座席の印象です。(運転者が180cm等大柄な方のポジションであれば少し印象が違うと思います。)この条件であれば、後部座席に大人2人が乗っても長距離も問題なく過ごせると思います。(法定上は後部座席に3人乗れますが、正直、快適に過ごそうと思うと、大人は2人までだと思います。)ただ、やはりMスポーツとなると後輪のタイヤが255/35/R19と結構スパルタンなタイヤを装着していることも有り、段差では結構ガツンとした突き上げが有ります。しかし、乗り心地自体は決して不快なものではないと感じました。何というか、決してフラフラ感はなく、確かに足回りは硬いんですが、揺れ自体はビシッとおさまり、不思議な感覚でした。

アームレストも装備されていますし、カップホルダも有ります。この辺を見てもやはり後部座席は大人2人までが妥当だと思います。

アームレストを出した状態
アームレストにはカップホルダも装備

後部座席に大人の方を乗せる機会が時々あり、ご自身も運転を楽しみたい方からすると、良い車だと思います。

スポンサーリンク

後部座席向けの装備も充実

後部座席向けにもちろんエアコンの吹き出し口も有ります。車の空調面の装備って結構大事だと思います。以前、真夏に2シリーズの後部座席に乗った際、中々エアコンが効かずに、かなり熱い思いをしたことが有りますので、後部座席の方も、快適に移動を行おうと思うと必要だと思います。(2シリーズの後部座席にエアコンの吹き出し口がなかったわけではないんですが、暑かった)人間、暑い寒いは避けたいですもんね。さらに充電用にUSB端子も有りますし、12Vのシガーソケットも有ります。中央のセンタートンネル状に空気清浄機を置くのもいいかもしれませんね。

ただ贅沢を言うと、前席に装備されている、スマホへ、ワイヤレスチャージが出来るようなトレイが有ればいいなと思いました。個人的にやはりあのワイヤレスチャージ機能は1度使用すると、欲しい装備No.1になると思います。いやほんと便利ですから。コストやスペース的に難しいのかもしれませんが、ぜひ欲しい装備ですね。

さらに贅沢を言うと、後部座席にリクライニング機能が欲しいと思ってしまいました。セダンであればやはりスペース的には難しいのかもしれませんが、国産の高級セダンには機能が有るので、欲しいと感じてしまいました。ただやはりBMWは後部座席より、ドライバーに重きを置いていると思うので、そこにコストはかけられないんでしょうね。

ちなみに後部座席から見たアビエントライトやフットライトも結構綺麗でいいものですね。

後部座席から見たアビエントライトとフットライト

最後に

BMWと言えばドライバーズカーの印象が強かったんですが、最近の3シリーズはサイズも以前に比べ大きくなっていますし、後部座席についても結構なスペースが有りますね。大人が快適に過ごせるスペースと、乗り心地を備えています。

興味が有れば1度、運転席だけではなく、3シリーズの後部座席にも乗ってみる事をお勧めします。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメント