今一番気になる車、メルセデス・ベンツGLB200dに試乗した感想

試乗記

当初セカンドカーのつもりで購入したBMW118dでしたが、燃費の良さや、走行性能の良さ、運転していて楽しいですし、疲れないので、気が付けば、ファーストカーとして使用する様になってきました。

ですが、やはり子供2人の4人家族で1シリーズを使用していると、基本的には問題ないんですが、正直狭いと感じる機会も出てき始めています。そんな中登場したのがメルセデス・ベンツのGLB。コンパクトSUVの7シーター。これはとても気になるパッケージングです。もう1台所有しているオデッセイもすでに、新車購入から6年を経過しており、現在完全に入れ替え候補No.1です。

スポンサーリンク

初めてのヤナセディーラー

正直、今回メルセデス・ベンツの正規ディーラーであるヤナセさんに初めて訪れました。しかも、ヤナセに行くぞと意気込んで行ったわけではなく、買い物のついでに、時間が余ったので、妻に、最近GLBって言う、手の届きそうなベンツのSUVで7人乗りのディーゼル車が出たんだけど見に行かないか、と打診すると、意外な事にディーゼルなら興味あると、OKが出て、突如訪れる事になりました。

折角行くなら少しおしゃれしてくればよかったと少し後悔もしましたが、GLBを見れるならいいやと、普段着で訪れました。

ですが、いざヤナセに着く直前に、大雨が降りだしました。そんな中ヤナセの駐車場に車を止めると、店舗の中から両手に傘を持った人がワラワラと4人も出てきて、少し驚きました。この時子供も一緒だったので、GLB見たかったんですけど、雨がかなり強いですし、後日又来ますと伝えると、「せっかく来ていただいたんですから、屋根のある所に車を移動しますので、お待ちください」との言葉を頂き、屋根の下でじっくり見させて頂くことが出来ました。

わざわざ雨の当たらない屋根のある所まで移動してもらいました

この辺の臨機応変な対応もさすがはヤナセだなと感じてしまいました。

スポンサーリンク

サイズ以上に大きく見える外観

GLBのサイズ

画像の様にサイズだけを見ると日本車で言えば現行のRAV4とほぼ同様のサイズになっています。ですが、実物を見た瞬間、ミドルサイズSUVより少し大きく感じました。特に後端は、かなり垂直に近いデザインになっているので、その辺も大きく見える要因かも知れませんね。

さらに、リアビューのボリューム感と言えばいいのか、後ろから見た姿は、かなり大きな車に感じましたし、個人的な意見ですが、このGLBはリアビューが結構かっこよく感じています。

GLB200dリアビュー
スポンサーリンク

運転席周りはかなり近未来的

GLBのメーターパネルはフルデジタル

最近の輸入車は多くの車のメーター周りがフルデジタルになっていますね。このGLBも例にもれず、フルデジタルメーターを採用しています。

画像ではスピードメーターもエンジンの回転数を示す、タコメーターもデジタル風の数値が出るようになっていますが、アナログメーターの様な表示にもできますし、数種類の表示から選ぶことが出来ます。

この表示の変更の操作もハンドルの左右についている黒い四角いボタンの様な部分をタッチ操作することによって変更することが出来ます。

さらにナビの操作も、画面のタッチパネルはもちろん、BMWで言えば、コマンダーが有る部分にタッチ操作のパネルが有り、スマホ感覚でナビを操作することが出来ます。

GLBのセンターパネル周り。左下の黒いスマホの様な部分でナビの操作が可能

又、センターパネル周りも結構シンプルな感じになっています。この辺はAクラスとかなり統一されています。さすがにショールーム内にCクラスが有りましたが、この辺と比べると、クラス分けされていると言えばいいのか、格の違いを感じてしまいましたが、シンプルで、個人的には好きな内装です。

ただ1点、無駄な装備最有力候補ですが、高級車についている、アナログ時計が欲しいなと感じてしまいました。

スポンサーリンク

2列目後部座席はかなり広いが、3列目はかなり狭い

GLBの2列目の座席

2列目についてはかなり広いです。大柄な男性でも窮屈に感じる事はまずないのではないかと思います。しっかりと後部座席にもエアコンの吹き出し口が有りますし、その吹き出し口の下にはUSBのCタイプの端子もしっかりと装備されています。快適性については全く問題ないと思います。

ただ3列目についてはメルセデス・ベンツが公式で身長168cmの方まで安全性をと謳っているように、かなり狭いです。身長170cmの僕が座ると、長距離走行は遠慮したい気持ちになりました。

BMWにお乗りの方なら、2シリーズグランツアラーの3列目を想像して頂ければかなり近いものがあると思います。

ただメルセデス・ベンツは3列目は安全性の面から、身長168cmまで・・・と数値的に謳っていることはかなり好感が持てます。

ちなみに3列目を起こした状態で荷物はトランク部分にはほとんど乗りません。この辺は車体サイズを考えると、仕方ない部分ではないかと思います。

ただ、3列目を倒すとかなりの荷物を載せる事が出来ます。

3列目収納時のトランク部分
スポンサーリンク

実際、試乗で運転してみた感想

まずエンジンをかけ、アイドリング状態で感じたのは、エンジン音自体はBMWのディーゼルエンジンと騒音レベルはあまり変わらない感じがしましたが、振動は明らかにGLBの方が少なかったです。ただ、僕の118dは製造から4年が経過しているので、マウントの劣化やエンジン自体の劣化で振動が増えているのかもしれないので、一概には言えませんが、間違いなく振動はこのGLBの方が少ないです。

いざ走り出してみると車高が高いわりにコーナリングでフラフラすることもなく、とても安定していましたし、途中、フル加速も体験させてもらいましたが、とても車重が1.8t近い車とは思えない加速をしていきました。恐らくBMWの118dと遜色ない加速力が有ると思います。

あと、国道を走行中前車追従型のACCも体感させてもらいましたが、これすごいですね。個人的には少しブレーキングが遅く感じ、自分でブレーキを踏みたくなる場面もありましたが、おおむね、違和感なく勝手に全車を追従してアクセル操作をしてくれますし、止まるときは、完全停止まで自動で速度調節をしてくれます。

初めてのACCでしたが、正直僕は使わないかなと思いましたが、素晴らしい機能だと思います。

さらにタイヤがランフラットではないおかげもあると思いますが、乗り心地が非常に良く感じました。後部座席に乗っていた妻も、揺れないし、すごく静かだと、感心していました。

営業担当の方も、長距離乗ると疲れ方が、他の車と全然違うと自信満々に語られていました。この方はCクラスのステーションワゴンに乗られていると言っていました。

ただ1点、シフトレバーについてはかなり慣れが必要だと感じました。と言うのも、シフトレバーの位置が、国産車で言えば、ウィンカーレバーの位置にあるんですよね。慣れれば気にならないんでしょうが、国産車から乗り換えると、ウィンカーレバーの位置に、シフトレバーが有るのは、かなり最初は苦労するんではないかと、感じてしまいました。

スポンサーリンク

最後に

このGLB日本国内ではかなり売れるのではないかと思います。比較的コンパクトな7人乗りSUVを探している人にはピッタリではないでしょうか?

こうなるとBMWの2シリーズグランツアラーはかなり苦戦するのではないかと思ってしまいます。

僕自身、もう少し金銭的に余裕があればすぐにでも欲しい車ですね。妻もノリノリで欲しいと言っていました。ただ、さすがにまだ発売したばかりで、値引きも少ないですし、サラリーマンの僕には、すぐには購入できる金額ではなかったです。

でもそう遠くないうちに購入したい車であることは間違いないです。

あなたも1度、試乗してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメント