1シリーズのディーゼル118dとガソリンモデル118i、どっちを選ぶ?

BMW

恐らく1シリーズを検討している人が、最初に選択を迫られる、ガソリンモデルを選ぶか、ディーゼルモデルを選ぶかという選択肢。

僕は迷わずディーゼルモデルを選びましたが、僕の車の使い方には、ディーゼルが有っていると思って購入しただけで、人それぞれ、使用環境が違うので、こっちが正解だ!というのはないと思っています。

こんな使用環境ならこちらが、こっちが合っているのでは?という部分を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ディーゼルモデルとガソリンモデルの価格差

2019.5現在ディーゼルモデルの車両本体価格は、
118d Fashionista 
118d M Sport Edition Shadow共に、\4,080,000となっています。

同じグレードのガソリンモデルを見てみると、
118i Fashionista 
118i M Sport Edition Shadow共に、\3,820,000となっています。

金額差は\250,000。となっています。

さらにガソリンモデルは118iの素のモデルがあり、価格も\3,200,000となっています。

金額的にはガソリンモデルの方が安く、買いやすいモデルになります。

スポンサーリンク

燃費性能の違い

ここが大きく違う部分になってきます。

ガソリンモデルの燃費はJC08モードで18.1km/L。
ディーゼルモデルの燃費はJC08モードで22.2km/L

ディーゼルモデルの方が2割程度燃費性能が優れています。

1シリーズのファミリカーとしての実用性 ~燃費編~
BMW1シリーズ118dの燃費性能について、実際使用した条件等を交えながら、紹介していきます。

さらに燃費性能だけでなく、燃料がハイオクガソリンと軽油で違うため、燃料単価がリッター当たり30円程度、軽油の方が安くなります。

118dを所有してみて、この違いはかなり大きいです。購入に際しても、ハイオク車を買うのは、子持ちサラリーマンとしては、かなり勇気がいり、躊躇していました。外車には乗りたいが、ハイオク車は・・・そんな中見つけたのが118dでした。

最近ガソリン価格も高騰してきていますし、燃料が軽油というのは、かなり助かっています。

ヨーロッパでディーゼルモデルが多く走っていいるのも、この燃費の良さによるものです。欧州の人は非常に合理的にものを考えますし、経済観念がしっかりしています。ガソリンと軽油の価格差は日本のようにはないのですが、この加速性能の良さと、燃費性能の良さで選ばれています。118dの実用してみての、燃費性能についてはこちらもご覧ください。

スポンサーリンク

走行性能の違い

118iについては、代車で2日間借りた際の感想との比較になりますが、118dに比べ、走り出しがスムーズに感じました。

118dは、意外と出だしが、モッサリしていると言えばいいのか、エンジン音の割に加速していかないと言う感覚があります。1.5Lのガソリンエンジンと2Lのディーゼルエンジンの比較なので、スペック的には圧倒的にディーゼルモデルの方が優れています。

ですが、スペックだけでは分からない部分で、意外とガソリンモデルの方が30kmくらいまでは気持ちよく加速していきます。

ただし、ディーゼルモデルは、アクセルを深く踏み込むと、ガソリンモデルに比べ、結構暴力的な加速をしていきます。ディーゼルモデルはこの調節が何だか違和感があるように感じます。

街中を走る際は、トルクのあるディーゼルがおススメ、なんて記述を見ることもありますが、僕は街中メインで走るならガソリンモデルをお勧めします。車重もガソリンモデルの方が50kg程度軽く、ストップ&ゴーの多い街中ではディーゼルモデルとの燃費差もあまりなくなります。

さらに、ガソリンモデルの方がエンジンが軽い分、前軸重量が軽く、交差点等を曲がる際、よりスッと曲がれる様な感覚があります。

スポンサーリンク

ガソリンモデル118iはこんな人におすすめ

上でも書いたように金額的には118iの方が購入しやすい金額になります。それにBMWが謳っているいる前後重量50:50に近いのはガソリンモデルになります。

街中に住んでいて、通勤に車を使用しているが、通勤距離は比較的短めで、片道5km以内。休日も車での遠出はめったにしない。なんて人はガソリンモデルの方をお勧めします。

と言うのも、ディーゼルモデルは近距離の走行は苦手としています。燃費も伸びませんし、近距離走行ばかり繰り返していると、煤がたまって故障の原因にもなります。車両価格もディーゼルの方が高いのに、燃料代でのペイ出来ず、故障の原因にもなるのであれば、ディーゼルモデルを選ぶメリットは薄いです。

僕的には年間走行距離が1万kmを下回る方は、ガソリンモデルを選んだ方が、不満なく、長く乗れるのではないかと思っています。

スポンサーリンク

ディーゼルモデル118dはこんな人におすすめ

これはもう、とにかく走行距離の多い人におすすめします。特に高速道路を使用して遠出をよくする人、ドライブが好きで気が付くと1日に何百kmと走ってしまう人。こんな人におすすめします。又、車での通勤距離が長い人には強くお勧めします。

通勤には車は使用してないが、週末長距離を乗るなんて人にもお勧めです。

あと、都市高速に良く乗る人にもお勧めします。都市高速って合流エリアが短く、うまく合流するには、瞬発的な加速性能があるとストレスなく合流できるんです。この点、118dはアクセルさえ踏み込めば、グイっと加速してくれますので、楽に合流が出来ます。

1回の給油で高速主体なら1000km以上走ってくれますので、とても経済的です。維持費を安く抑えたいと思うならディーゼルモデルをお勧めします。

ただ1点ディーゼルモデルは車内は遮音が良く、静かなのですが、正直、車外は結構エンジン音がうるさいです。住宅街に住んでいて、夜間帰宅することが多いような人は、少し考えた方がいいかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

どちらが正解とか、こっちが優れているなんてことはないと思っています。どちらも一長一短あり、あなたの生活スタイルに合った方を選べばよいのではないかと思います。僕はあまり金銭的に余裕がないので、維持費の安いディーゼルモデルも選択しましたが、今のところ何の不満もありません。いや、むしろ次もディーゼル車を買おうとさえ思っています。

自分の生活スタイルがどちらに合うかをよく考えて選択すれば後悔ないカーライフが送れると思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。あなたの選択の参考になれば幸いです。

下にも関連記事がありますので一読頂ければ幸いです。

コメント